男性向けブログ

不倫したいと思うのはどんな時?不倫相手にできる女性の特徴や作る方法を解説

▼現在NO1▼

PCMAXを試してみる(18禁) >>


最新版おすすめランキング

『どんな時に不倫したいと思う?』
『不倫相手にできる女性はどんな特徴を持っているのだろう?』

夫婦生活を続けていくと様々な問題が生じ、つい不倫したくなる時があります。

不倫は世間的には悪いことかもしれませんが、夫婦関係が冷めきっているなら仕方ないこともかもしれません。

また、いざ不倫しようと不倫相手を探すとなっても、手当たり次第にアタックしてもほとんどの女性は応じてくれません。

不倫相手にできる女性にはいくつかの特徴があるのです。

そこで、今回の記事では不倫したい時はどんな時があるのか、不倫相手にできる女性の特徴と不倫相手を作る方法を解説していきます。

この記事を読むと、不倫相手を簡単に探すことができるようになりますよ。

この記事で分かること

・不倫したくなる時はどんな時?
・不倫相手にできる女性の特徴とは?
・不倫相手を作る方法について!

男性が不倫したい時はどんな時?

夫婦生活が満足している時は、誰もリスクを背負ってまで不倫しようとは思いません。

様々な原因が重なった時には魔が差してしまい、不倫に走ってしまうのです。

それでは、男性はどんな時に不倫したくなってしまうのでしょうか?
1つずつ見ていきましょう。

愛情が冷めた時

夫婦関係はお互いに愛情を持っていないと、成立しません。

結婚してみたはいいものの、夫婦になって初めて分かった価値観や考え方の違い、年齢を重ねるごとに性的魅力がなくなっていく外見。

そういったズレが大きくなっていくと、男性は奥さんへの愛情が薄れていき、最終的には愛情が冷めてしまいます。

愛情が冷めてしまえば、ただの同居人に過ぎません。

しかし、男性は歳をとっても性欲があるので、性的魅力を感じる女性を探し求めるようになります。

逆をいえば、愛情さえ冷めてしまわなければ、浮気することはないということですね。

家庭内で邪魔者扱いされている時

家庭内で邪魔者扱いされ、居場所がなくなってしまうと男性は不倫したくなります。

毎日忙しい仕事から帰ってきて、唯一の癒しの場となる家庭。

その家庭を維持するために必死に働いているのに、疲れて帰ってきても奥さんや子供達から邪魔者扱い。

自分の存在意義を否定され、家庭にいることだけで精神的ストレスを感じます。

そんな状況になれば家庭に癒しを求めなくなり、不倫相手に癒しを求めるようになってしまうのです。

家庭内で邪魔者を扱いされ居場所がないならば、家庭外に居場所を求めるのは仕方ありません。

奥さんがセックスしてくれない時

夫婦関係で大きな問題になっているセックスレス

セックスレスになってしまうと、つい浮気したくなります。

男性は女性よりも性欲が強いことが多いので、性欲を定期的に発散しないと欲求不満になってしまいます。

セックスレスになると性欲を発散させることができず、奥さん以外の相手で性欲を発散させるしかありません。

つまり、不倫相手を探して性欲を発散することになります。

もちろん性欲は風俗などで発散することもできますが、風俗で毎回発散するのは経済的に厳しい。

なおかつ、お小遣い制で家計を奥さんに握られているなら、風俗なんて行けません。

そんな八方塞がりの男性が、出会い系サイトなどで不倫をしてしまうのです。

仕事がうまくいっている時

意外かもしれませんが、仕事がうまくいっている時に不倫したくなることがあります。

なぜなら、仕事がうまくいくと、自分自身の自信が大きくなるからです。

「自分は仕事でこれだけの成果が出せたんだ!」

そんな自信で気が大きくなり、ついつい女遊びや不倫に走ってしまうことも…。

また、仕事がうまくいくと昇進や昇格で給料がアップし、自由に使えるお金が増えることで不倫しやすくなります。

増えたお金でキャバクラや風俗に行ったり、新たな出会いの場に繰り出して、不倫相手を見つける場合もあります。

他の男性の不倫話を聞いた時

他の男性の不倫話を聞いた時につい心動かされて不倫に走ってしまうことがあります。

男性は競争心が高い生き物

たまたま集まった友人から不倫話を聞いたら、競争心をくすぐられ「こいつができるなら、俺も不倫ができるはず!」と思い、つい不倫したくなることも…。

もちろん不倫話を聞いたぐらいですぐに不倫してしまう男性は少ないですが、家庭内で何らかの問題を抱えている場合はこの不倫話が引き金になって、不倫が頭をよぎることは考えられます。

女性にモテるようになった時

既婚男性になると恋愛する必要がなくなり、態度などに余裕が出てくるようになります。

そんな余裕感がモテにつながり、結婚した途端他の女性からモテるようになることも…。

職場の若い女性や取引先の相手、よく行くカフェの店員など様々な女性にアプローチされると、つい不倫したくなるものです。

あまりモテなかった男性ならば、結婚してモテるようになったらなおさらでしょう。

不倫したい時に相手にできる女性の特徴

先ほどあげたことがきっかけとなり、不倫相手を探し始める男性もいるかもしれません。

しかし、不倫は法律的にも常識的にも許される行為ではありません。

そのため、やみくもに不倫相手を見つけようとしてもそう簡単に見つかることはありません。

また、やみくもに「不倫相手になって!」とアタックしてしまうと、そのことが家族の耳に入ってしまい、別居や離婚などの大きなトラブルになる場合もあります。

不倫するならば、家庭は壊さずにバレないように不倫するようにしてください。

バレないように不倫するためには、不倫がバレないように偽装工作をすることはもちろんのこと、不倫相手となる女性選びも重要です。

ここからは、不倫相手にできる女性の特徴をご紹介していきます。

これらの特徴に当てはまる女性にアタックしていきましょう。

特徴①:夫への愛情が冷めている女性

夫への愛情が冷めている女性は、間違いなく不倫相手として最適です。

結婚した3組に1組が離婚する現代。

結婚したはいいものの価値観などのズレにより、愛情が冷めてしまう女性も珍しくありません。

愛情が冷めてしまうと夫を男性としてみることができないばかりか、生理的にも受け付けなくなってしまいます。

でも、女性もずっと恋愛したいもの

そんな時に不倫相手としてあなたと知り合い、紳士的にふるまえば夫に向けた愛情をあなたに向けてくれるようになります。

特徴②:セックスレスの女性

セックスレスと聞くと女性側が性欲がなくなったと考える人が多いかもしれませんが、男性側が原因でセックスレスになることもあります。

特に働き盛りの男性は、仕事で忙しく、帰りも深夜になることもしばしば。
奥さんがセックスしたかったとしても疲れや眠気で男性がセックスを断ることもあるのです。

女性も性欲があるので、ずっとセックスレスになっていると欲求不満になってしまいます。

セックスレスの女性と出会ったら、じっくりと悩みを聞いてあげましょう。

セックスの悩みは誰でも話せるような内容ではないので、その悩みを聞くだけで信頼感が増し、そのまま不倫相手になる可能性があります。

特徴③:専業主婦の女性

専業主婦の女性も不倫相手としてねらい目です。

仕事をしている女性は仕事と家庭の2つがあり、毎日の生活に刺激がある場合が多いです。

一方で専業主婦の女性は家事や子育てがメインです。
最初は家事や子育てに刺激を感じていたでしょうが、時間が経つにつれて家事に慣れていき、子供の成長によって子育てに時間がかからなくなります。

そうなっていくと次第にヒマになっていき、退屈な毎日を送ることになります。

つまらない刺激がない日々を送っていくと、そのことがストレスとなっていき、不満になっていくのです。

そんな時に夫以外のドキドキするような男性を出会ってしまうと、つい不倫してしまいます。

専業主婦の女性がいたら、狙っていきましょう。

特徴④:元カノや元セフレ

元カノや元セフレが不倫相手になってくれることがよくあります。

元カノや元セフレは一度はあなたとセックスしたことがある人物。

つまり、あなたを魅力的に思ったことがあるということです。

一度別れてしまったとはいえ、久しぶりに会うと収まっていた恋心が再燃することもあります。

そのため、不倫したいと思ったら、まずは元カノや元セフレに連絡して、近況を聞いてみるのがいいでしょう。

不倫する糸口が見つかるかもしれません。

特徴⑤:露出が多い女性

露出が多い女性は「いつまでも女性として見られたい」という気持ちが強いです。

特に露出が多い既婚女性は、家庭内で夫に相手にされていない場合があります。
なぜなら、夫に相手にされているならば、露出が多いことを注意されるはずだからです。

夫がその女性に対して関心があまりないため、露出が多い服装をすることで夫以外の相手に女性として見られたいのです。

露出が多い女性は欲求不満なので、誘えば簡単に不倫相手になってくれます。

不倫したいと思った時の探す方法

それでは、不倫したいと思った場合にどうやって不倫相手を探せばいいのでしょうか。

不倫相手を探す方法としては、

・地域コミュニティで出会う
・職場や同窓会で出会う
・出会い系サイトで出会う

などがあります。

方法①:地域コミュニティで出会う

学校や地域活動などの地域コミュニティでは、多くの夫婦と出会うことができます。

その中にはもちろん関係が悪化している夫婦もいます。

まずは知り合いになり、仲良くなったところで少しずつ夫婦生活について聞いてみましょう。

最初はあまり不満を言わないかもしれませんが、仲良くなっていけばいくほど不満を口にしていくことが多くなります。

そうなれば、不倫相手になるのは時間の問題です。

夫の不満に思っていることを聞き出しつつ、女性を肯定するように褒めていけば次第に女性の心はこっちに傾いていきます。

ただし、地域コミュニティは狭い世界です。

不倫しようと女性を口説いたことがバレてしまえば、大きなトラブルになります。
あまりおすすめできる方法ではありません。

方法②:職場や同窓会で出会う

職場に女性が多いならば、不倫相手を職場で探してみるのも有効です。

職場で一緒に仕事しているうちに親密になり、不倫相手になることはよくあること。
また、オフィスラブという背徳感あふれる関係性は刺激的なものでしょう。

高校や大学の同窓会で出会った同級生の中から不倫相手を探すのもいいかもしれません。

気心しれた相手なので親密になるまでに時間はかかりませんし、他の家族との接点がないので不倫がバレにくいというメリットもあります。

ただ、これらの方法は誰でも使えるわけではありません。
職場に女性が少ない場合は職場内で不倫相手を探すことはできませんし、同窓会が開かれない場合は同級生に会うことすらも難しくなります。

方法③:出会い系サイトで出会う

不倫相手を探すなら、「出会い系サイト」が一番おすすめです。

出会い系サイトには不倫相手を求める女性がたくさん集まっており、毎日不倫相手を募集する書き込みが大量に投稿されています。

また、出会い系サイトは顔写真や名前など個人情報を載せる必要はありません。

そのため、出会い系サイトを使ったからといって知り合いに見つかり、不倫していることを家族にバラされるという心配もありません。

不倫相手を探した場合は、

・既婚
・不倫
・パートナー
・秘密の関係

など、不倫に関連しているキーワードで探せば、不倫相手を見つけることができます。

そういったキーワードで見つけた女性でもいきなり「不倫しましょう!」とアプローチしても、気持ち悪がられるだけです。

まずはメッセージでコミュニケーションをとり、徐々に仲良くなっていきます。

そして、相手のことを女性として見ていることを伝えていき、少しずつ口説いていきます。
そうすれば、相手は心を許してくれて、あなたを異性として見てくれるようになるでしょう。

不倫相手を探す場合は適当な出会い系サイトで探すのではなく、当サイトで紹介しているPCMAXやハッピーメールなど大手出会い系サイトを利用するようにしましょう。

他の出会い系サイトでは業者やサクラが多く、不倫相手と出会うことはできません。

さらに個人情報の流出や架空請求などのトラブルに巻き込まれることもあります。

そのため、必ず信頼性の高い出会い系サイトを利用することが重要になります。

不倫したい人へ:まとめ

今回は不倫したくなる時と不倫相手にできる女性の特徴についてご紹介しました。

不倫は本来いけないものですが、不倫が癒しとなっている人がいるのも事実です。

不倫するならば家族にバレないようにして、ひそかに楽しむようにしてくださいね。







PCMAXを試してみる(18禁) >>