男性向けブログ

ハメ撮りしたい男性必読!ハメ撮り願望を了承してもらうコツや交渉術・注意点、女性との出会い方等を解説

▼現在NO1▼

ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


最新版おすすめランキング

彼女とハメ撮りしたい!

色んな女の子とハメ撮りしたいけどどうすればいいの?

こんなお悩みはありませんか?

ハメ撮りって一昔前までは、一部愛好家のプレイ内容でした。

でも、スマホの普及によって比較的誰もがプレイできるようになってから、たくさんの個人撮影が動画サイトで確認できますよね。

自分の彼女やセフレ、街中を歩いている女性の痴態をカメラに収められたらと思うと興奮間違いなしです!

そこで今回の記事では、あなたのハメ撮り願望を叶える実践的方法をお伝えしていきます。

この記事を読むと、彼女以外でハメ撮りしたい男性が行う方法が分かるので是非最後までご覧下さい。

この記事を読んで分かること
  1. そもそもハメ撮りとは?
  2. 彼女がハメ撮りしたいを叶えてくれない訳とは
  3. なぜハメ撮りしたい男性が多いの?
  4. ハメ撮り願望が強い女性と出会う方法は?
  5. ハメ撮りを行う実践的内容について

【目次】このページ先読み

🔰会える安心・安全な出会い系アプリ
登録時年齢認証必須(免許等)※女性無料/18禁
ミントC!
Jメール


会う迄のコスト ⇒3千円前後
✅即ヤリ・即ハメ◎
✅大学生~熟女多い
✅出会いの実績多数

ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>
ワクワク
メール


会う迄のコスト ⇒3~4千円
✅出会える仕組が◎
✅人妻・ギャル多い
✅中高年が会えてる

ワクワクメールを試してみる(18禁) >>
ハッピーメール

会う迄のコスト ⇒3~4千円
✅セフレ募集NO1
✅素人・初心者多め
✅ニュースでえ会えると証明されましたされました。

ハッピーメールを試してみる(18禁) >>

そもそもハメ撮りとはなにかを解説!

そもそもハメ撮りとはなにかを解説!

そもそもハメ撮りとは何かというと、AV撮影のようにカメラ機能のあるデバイスを用いてセックスを撮影する行為を指します。

グーグル検索で『個人撮影 動画』などとキーワードを打ち込むとPoenhubなどで流出動画が上がっていますね。

一種のアブノーマルプレイとされていますが、比較的誰もが録画可能なカメラを持っているため、多数のカップルが行っていると考えられますよ。

なんで彼女はハメ撮りしたいと思わないの?

なんで彼女はハメ撮りしたいと思わないの?

さて、彼氏側が『ハメ撮りしたい!』と思っても、なかなか了承しないのが彼女側です。

実際筆者の彼女に対してハメ撮りをお願いしても、ほとんどの場合断られるのがオチなんですね。

まずは女性視点から、なぜハメ撮りがNGなのかを解説していきますよ。

①ハメ撮り自体がアブノーマルだから

ハメ撮りは、女性の中ではアブノーマルプレイの一つとなっています。

女子会の話題の一つに、彼氏からハメ撮りされちゃって困っているという話題が尽きません。

また、良く悩み相談がなされている知恵袋などにも、彼氏がハメ撮りしたいと言っていますという投稿が目立ちますね。

このように、ハメ撮りは彼女達にとって、AV撮影するのとほとんど同じ意味を持ち、お願いを聞いて上げたいけど正直怖いと思うのが本音なのです。

②セックス中の顔がブスだと思っている

あと意外と男にとっては見落としがちなのが、女の子はセックス中の顔を見られるのを嫌がることです。

セックス中の顔って、泣き顔に近くて女の子にとってはブサイクだなと感じてしまうんですね。

フェラ顔も、男にとっては興奮するのですが、ひょっとこ口になってしまい、何故興奮するのか分からないというのが本音のようです。(関連:フェラされたい)

後ほど詳しく解説しますが、この条件を回避できるのであれば、意外と多くの子がハメ撮りに同意してくれますよ!

③リベンジポルノで裸が流出するのが怖い

最後にもう1点怖がらせる要因となっているのが、リベンジポルノです。

別れた後に、敵意からセックス動画を流出され外を歩けなくなってしまうのではないかと感じてしまうんですね。

確かに、最近の動画サイトでも多数の個人撮影ものが上がっており、怖くなってしまうのも頷けます。

もし、仮にあなたが彼女を手放さないための切り札にするのであれば、絶対にやめておきましょう。

以下のような刑事罰に処せられる可能性が高いです。

  • 脅してお金を取ろうとする行為⇒恐喝罪
  • 私用で撮った動画をアップロードする行為⇒リベンジポルノ防止法違反

どちらも、前科がつく犯罪となっており、ハメ撮りの悪用は厳禁ですよ。

【体験談】実はハメ撮りしたい女性の心理

【体験談】実はハメ撮りしたい女性の心理

さて、実は女性もハメ撮りが完全にイヤというわけではないとご存知でしたか?

一定のルールを守ってあげれば、ハメ撮りは多数の女性がOKしてくれるんです。

まずは、ハメ撮りが実はイヤではない理由を解説しつつ、ハメ撮りしたい女性の心理に迫っていきます。

ハメ撮りが実はイヤではない本当の理由は?

女性はハメ撮りが実はイヤではない真実をお話していきます。

彼女達にとって、誰かに愛されているという状態はとても重要なものなんですね。

流出の心配がないなら、彼氏に撮ってもらって、オナニー用に使って欲しいかな…

他の女のハメ撮り見て射精するよりは、私でいつもイッて欲しいし、他の女で抜かれるのはなんか尺に触る…

上記コメントのように、愛されたいが故に許可するのは今の時代では普通のことなんです。

簡単にAVが見られるようになっている環境から意外と心理的な障壁は下がってきているんですよ

『他の女で抜くなら、自分で抜いて欲しい』というのは意外と女性共通の悩みだったりします。

盛れるなら全然構わない

先ほどの項目でもお話しましたが、ブスな自分を撮影されるのがイヤという女性は非常に多いです。

ときたま、ホテルなどで見るAVよりも自分がブサイクに写ってしまうと思っているからこそ拒否してしまうんですね。

彼氏やセフレに見られるなら、やっぱり可愛く写りたいというのが女心です。

Snowなどの写真加工アプリを使って、顔が盛れる、女優よりも可愛く映るなら全然良いと思うのも本心であると言えますよ。

スマホやカメラにこだわるのなら全然いい!

前の項目を更に深堀すると、スマホやカメラにこだわるのであれば撮られてもいいと感じている女性も多いでしょう。

例えば、スマホのカメラでエロ写メを取るのと、一眼レフで環境にも拘ってエロ写メを取るのは大違いです。

断然後者の方が、見せても恥ずかしくない写真になる可能性が高く、そこまで『こだわるのなら』と許可してくれる可能性も高まります。

スマホで綺麗にハメ撮りする方法はあるの?

少し気になるのはスマホで綺麗にハメ撮りする方法ですよね。

実は、スマホで綺麗にハメ撮りするなら定点カメラ化することが必須です。

手で持っていると、ブレが生じてしまい行為中の録画をまともにできません

自撮り棒などを駆使して、ブレを抑制したりすると良いでしょう。

すぐに機材を用意できなければ、フェラ撮り、もしくは騎乗位での撮影をおすすめします。

なぜハメ撮りしたい男性が多いのか?

なぜハメ撮りしたい男性が多いのか?

女性側のハメ撮りがだめな理由と、OKな理由が分かったら次は男性です。

男性の場合、自分が映り込むのが稀なため、NGな方はほとんどいませんよね。

では、何故男性はハメ撮りをしたがるのでしょうか?

その理由をこの項目では解説していきます。

自分だけのオナニー動画を撮りたいから

最初に自分だけのオナニー動画を撮りたいというの多くの男性にとって本音でしょう。

他人がとったAVは確かに良いものばかりなのですが、レア度を求めるのは男の性です。

撮影行為自体に興奮する

撮影というのは、非日常的な行為です。

AVの撮影のように女優がいて、自分が男優といったロールプレイをするとより興奮が高まってしまいますよね。

ハメ撮りがアブノーマルプレイだかこそ、興奮もひとしおです。

ネット上に流出させる目的

また、セフレ関係の女性に対してハメ撮りをする男性はネット上に流出して名声を高めることも目的かもしれません。

ただし、実際には犯罪行為となるため注意してください

あくまで私用の範囲内で抑えてくださいね。

弱みを握るため

最後に先ほども紹介しましたが、別れたくない女性に対する弱みを握るためです。

最終手段として用いるのは、あまりおすすめしませんが、ハメ撮りを許可するというのは彼女にとってもあなたを信頼している証なので、別れることはほとんど起きないでしょう。

ハメ撮りしたい彼氏に送るスリーステップ

ハメ撮りしたい彼氏に送るスリーステップ

さて、ここからはハメ撮りのための実践的な内容をお話していきます。

ハメ撮りをしたいなら、まず交渉すべきは彼女のため彼女とのハメ撮りをしたいを叶える具体的な内容をお伝えしていきますよ!

1.動画撮影に馴れさせる

まず第一に動画撮影に馴れさせることが重要です。

動画撮影とは、何もハメ撮りだけでなく、その他の撮影も含みます。

例えばデートの動画などですね。

横を歩く姿などを可愛くとることで、クッションを挟みつつ心理障壁を崩していきましょう。

2.真剣な眼差しで相談する

また、ハメ撮りを行う際には真剣な眼差しで相談することが必須です。

伝える点は以下の通り

  • 特別感
  • セックスをそのままオナニーに使いたい
  • 映像を流出したりしない

上記3点を守れば、大抵の彼女は折れてくれます。

3.軽い撮影で実績を作る

しかしながら、いきなりセックスのハメ撮りは難しいのが世の常です。

まだ結婚もしていないカップルがほとんどのため、約束は守られない可能性もありますよね。

そこで、まずは軽い撮影から実績を作っていきましょう

実際に筆者が試した方法は以下の通りです。

  1. パンチラ撮影
  2. クンニ撮影
  3. フェラ撮影
  4. 騎乗位撮影

上記の4ステップで細かく刻んで行けば、ハメ撮り技術の向上と既成事実を作れるという一石二鳥のパターンを作り出せます。

彼女とハメ撮りしたいときの注意点は?

彼女とハメ撮りしたいときの注意点は?

さて、彼女とハメ撮りをしたいときの注意点には何があるのでしょうか。

結論としては、基本的にハメ撮りは女性が嫌がる行為である点を抑えておくことです。

実際に見ていきましょう。

基本的に女性が嫌がるものと考える

ハメ撮りは基本的に女性が嫌がるものです。

確かにハメ撮りされたい願望もありますが、初体験の場合拒否反応は当然でてきます。

その拒否反応を如何にかいくぐって信頼関係を築くのかが重要ですよ。

ハメ撮りが原因で別れられる可能性あり

また、ハメ撮りが間違って流出したなどの場合には最悪の場合別れが待っていることにも要注意です。

相談の段階で彼女の逆鱗に触れても同様のことが言えるでしょう。

アブノーマルプレイだからこそ、特に注意して望みたいものです。

撮影中は特別扱いすること

そして、最後に撮影中は特に特別扱いしてあげてください。

可愛いだったり、特別な食事だったりなど、様々な環境を構築することで、女優感の演出を行っていきます

夢見がちな女性であれば、それだけで演技や気持ち良さに拍車がかかり、プレイに対して積極的になってくれますよ。

彼女がハメ撮りしたいを了承しないならセフレを作っちゃえ!

彼女がハメ撮りしたいを了承しないならセフレを作っちゃえ!

ここまで実践的な内容をお伝えしてきましたが、実際には5割くらいの可能性で、彼女がハメ撮りを了承してくれないでしょう

そんなときは、セフレを作るに限ります

セフレであれば、そもそもハメ撮り願望がある女性と出会うことも可能なのでおすすめです。

簡単にハメ撮りできるセフレを作るには?

簡単にハメ撮りができるセフレを作る打率が高いのは、後ほど詳しく解説しますが、pcmaxやワクワクメール(関連:ワクワクメール)などの出会い系アプリです。

裏アカ女子なども打率は高めですが、あなた自身が晒される可能性もあるため、注意してくださいね。

ハメ撮りできるセフレ募集方法

ハメ撮りができるセフレを募集するには、割り切り女子などをターゲットに置くといいですよ

ターゲットの絞り方はできるだけ頭と股が緩い女性にします。

まずは、簡単なセックスから始め、次第に要求を上げて行くと意外と簡単に了承が取れてしまいます。

セフレ以外とハメ撮りしたい男性必見!自分だけのAVを作る方法とは?

セフレ以外とハメ撮りしたい男性必見!自分だけのAVを作る方法とは?

さて、ここからはセフレ以外のハメ撮りを作る際にどのような方法があるのかを紹介していきます。

結論としては、以下の3つのタイプの女子を狙い打ちすることで、打率をあげることができますよ。

  1. プチ援女子
  2. 裏アカ女子

早速みていきましょう!

①プチ援女子と出会う

まず第一にプチ援女子は比較的簡単です。

いくらかのお金を使いながら、プチ援を繰り返し、オプションに対応してくれるかを確認しましょう

オプション対応があれば、交渉次第で簡単に撮影を許してくれます

熱烈なリピーターであれば、本番も許してくれる場合も多いです。

②裏アカ女子とコンタクトをとる

次におすすめなのが裏アカ女子とのコンタクトです。

こちらは基本的にSNS上での出会いになってしまいますが、顔写真や雰囲気、条件もわかりやすくセフレ化しやすいのが特徴ですね。

セミプロ比率も低く、最初はお金がかかったけど、セフレ化すると無料で楽しめるのも特典です。

ただし、最初の打率は出会い系には劣るためコスパは低めになりますよ。

ハメ撮りしたい願望が強い女性と出会うためには?

ハメ撮りしたい願望が強い女性と出会うためには?

どれだけ女性と出会ったところで、ハメ撮り願望が強い女性と出会うためにはツールを駆使しなければなりません。

そこで、この項目では、そのツールの中からおすすめする2つを紹介していきます。

出会い系アプリに登録する

鉄板の出会い系アプリはミントC!Jメールですね。

こちらに登録することで、プチ援女子から割り切り女子、パパ活女子など様々な条件の女の子と出会えます

無料のSNSと比べると利用料金はかかりますが、多くても出会うまでには1000円もかかりません。

コスパを考えると最もおすすめできる方法ですね。

SNSを活用する

続いてSNSを活用する方法です。

前の項目でもお伝えしましたが、裏アカ女子がもっともおすすめしたい女性のタイプです。

意外とお金に弱いタイプや、頭が弱く股も緩いためセックス自体は簡単にできてしまいます。

ただし、ハメ撮りした後に別れてしまったりすると、それだけで炎上の可能性が出てくるため要注意ですよ。

【素人女性限定】ハメ撮りしたいを叶える交渉術

【素人女性限定】ハメ撮りしたいを叶える交渉術

最後の項目では素人女性限定のハメ撮りしたいを叶える交渉術をお伝えしていきます。

ここでの素人女性とは、プチ援女子や割り切り女子なども含みますよ。

①まずは関係性作りから

何から手をつけていいか分からない方は、まず関係性作りから始めるとよいでしょう。

関係性づくりに欠かせないのは、その女性が何を求めているかです。

求めているものに対して、きちんと返してあげることで好感度を稼いでいきます。

②撮影に対してオプション料金をつける

関係性を作り上げられたら、まずはハメ撮り撮影の打診を行います。

そこで了承してくれれば、無料でハメ撮りを行い、了承が得られなければオプションで料金の提示を行ってみましょう。

意外と料金の提示を受けると了承してくれる女性が多い傾向にありますよ。

③撮影中にとにかく楽しませる

もし撮影にこぎつけたら、とにかく楽しませることを意識してください。

彼女のような定期的な関係が続く保証はないため、特別感の演出はあまりなくても大丈夫です

プレイ中には言葉を多くかけ、ジョークを飛ばすことも忘れずに行ってくださいね。

この基本さえ忘れなければ、意外と簡単に実績が作りだせるものです。

まとめ

今回の記事では、男性のハメ撮りしたいを叶えるために様々な事象について考察してきました。

女性の心理では、ハメ撮りはされたくないけどしてみたい欲求もあるとお伝えしましたね。

凄く複雑な心境ですが、絶対だめという女性は少ないものです。

そこを、如何に崩していくかが重要になってくるので、スキルを磨いてチャレンジしてみるといいですよ。

どうしても、彼女が了承してくれないのであれば、セフレや割り切り女子ともコンタクトを取ることで意外と簡単に撮影できます!