男性向けブログ

言葉責めしたい!されたい!セリフややり方・相手を探す方法・コツを解説

▼現在NO1▼

ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>


最新版おすすめランキング

「エッチで言葉責めしてみたいけど、どうやってやればいいんだろう?」

「言葉責めしてくれる相手を探すにはどうしたらいい?」

言葉責めに興味がある男女はこのような悩みを持っているのではないでしょうか。

言葉責めをエッチ中にすると非常に興奮しますが、普段の出会いからそういう相手を探すのは難しい…。

また、言葉責めのやり方を間違ってしまうと、せっかくのエッチのムードがさめてしまい、お互いの関係性が悪くなることもあります。

今回は、言葉責めできる相手を探す方法と言葉責めのコツについて紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

言葉責めとは?

そもそも言葉責めとは、どういった行為を指すのでしょうか。

言葉責めとは、エッチ中に相手のエッチな部分や性癖、興奮してしまうようなエッチな言葉を相手に投げかけることにより、相手の性的興奮を高める行為のことです。

「言葉責め」だからといって、何を言ってもいいわけではありません。

相手への悪口や罵倒など相手が不快に思ってしまうことはNGです。
また、相手のコンプレックスになっていることを口にしてしまうこともよくありません。

言葉責めは相手の羞恥心をくすぐりつつ、相手が性的興奮を感じてしまう言葉をチョイスすることが重要なのです。

言葉責めのメリット

「言葉責めって難しそうだな…。」

と感じてしまう人がいるかもしれませんが、それだけ言葉責めには大きなメリットがあります。

メリットとしては、以下の2つです。

・エッチのマンネリ化防止
・お互いの性的興奮が向上

メリット①:エッチのマンネリ化防止

パートナーと初めてエッチした時はどんなプレイも始めてなので、興奮はマックスです。

しかし、何度も身体を重ねるうちにその興奮度合いは徐々に下がってしまいます。

そして、だんだんとエッチが淡白なものになっていき、次第にエッチ自体もしなくなってしまうことも…。

言葉責めはそういったマンネリ化しやすいエッチに新たな刺激を与えてくれて、エッチのマンネリ化防止につながります。

メリット②:お互いの性的興奮が向上

言葉責めの一番のメリットは、なんといってもお互いの性的興奮が向上することでしょう。

仮に男性が女性に言葉責めすると、男性は言葉責めしていることで女性への支配欲で性的興奮を感じ、女性は男性から言葉責めされているというシチュエーションに性的興奮を感じます。

言葉責めひとつでお互いの性的興奮が向上する効果があるので、エッチのテクニックを身につけるよりも容易にエッチ生活を充実したものにできます。

誰でも簡単に使える興奮する言葉責めのセリフ

それでは、いよいよ言葉責めの具体的なセリフをご紹介しましょう。

言葉責めには色々とありますが、今回はどんな場合にも使える言葉責めをお教えします。

過激なセリフもありますが、誰にでも万能に使えるわけではありません。
そのため、不用意に使ってしまうと、ムードを盛り下げてしまいます。

まずはオーソドックスに使える言葉責めを覚え、徐々に言葉責めのレベルを上げていきましょう。

相手を褒める

「褒めることって言葉責めなの?」

と感じる人がいるかもしれませんが、褒めることで相手が興奮するならば、それは「言葉責め」です。

女性に言葉責めする場合は前戯や挿入の時に耳元で「○○ちゃん、可愛い…。」や「○○ちゃんってエッチで素敵だね。」と言ったように相手を褒めることで、相手が精神的に気持ちよくなります。

女性は普段「可愛い」や「エッチ」と言われることはまずないので、やはりそういった非日常である褒め言葉は非常に興奮するのです。

エッチの実況中継

エッチしている時に女性の身体が興奮で反応しますが、その反応や状態をそのまま実況中継してしまいましょう。

ありのままを言うだけなので、誰でも簡単にできます。

例えば、

「○○ちゃんのあそこ、すっごく濡れてる…。」
「めっちゃ乳首立ってるね。」
「くちゅくちゅ言ってるよ?」
「○○ちゃんの中、めっちゃ締まってる…。」

感じたことをそのまま口に出すだけ。

そういったことをわざわざ言うと、つい頭の中でイメージしてしまって興奮してしまうのです。

これから何をするかを宣言

これから何をするかを先に宣言してしまうことも有効です。

「これからこんなことをされるのか…。」

と頭の中で妄想してしまい、その妄想で興奮が掻き立てられます。

「そろそろ指を入れるね。」
「俺も興奮してきたから、そろそろ入れるね。」
「ゆっくり脱がしていくね。」

無言のまま前戯や挿入するのはもったいない。

これからやることをわざわざ言うだけで、エッチの興奮度は向上します。

言葉責めをする時のコツ

エッチで効果的な言葉責めをするには、いくつかのコツがあります。

コツ①:恥ずかしがらない

言葉責めなんて普段はやらないので、つい恥ずかしい気持ちになって声が小さくなったり、どもってしまったりすることがあります。

恥ずかしがってしまうとムードが台無しになってしまい、エッチ自体もとてもつまらないものになるでしょう。

言葉責めしたいなら、そういった恥ずかしさや羞恥心をすべて捨ててしまってください。

どうしても言葉責めが苦手な人は、何かの役を演じてると思って言葉責めしてみましょう。

「これは役なんだ!」と信じ込むことで、恥ずかしいセリフも抵抗感なく言うことができるようになります。

コツ②:囁くように言葉責めをする

言葉責めするなら、ムードに合わせて囁くように言うようにしてください。

甘い感じにゆっくりと耳元で囁くことで、相手の性的興奮は最高潮になります。

言葉責めを勘違いして怒鳴り散らす人がいますが、怒鳴り散らしたら雰囲気がぶち壊しです。

女性用AVでは男優が女優に甘く囁くシーンがあるので、そういった作品を参考にどのような感じで囁けばいいかを勉強するのもいいでしょう。

相手の好きな言葉責めを理解する

言葉責めは「ハード系」と「ソフト系」に分けられます。

ハード系はM女性に対する言葉責めで、「この雌豚が!」など相手を罵るようなタイプです。

ソフト系は先ほど挙げたような「可愛いよ」や「綺麗だね」など誰にでも通用するようなタイプになります。

女性によってハード系がいいか、ソフト系がいいかは変わってきます。
しかし、どちらがいいかはエッチの時にしか確認しようがありません。

そのため、エッチしている際に言葉責めをしてどちらのタイプか確認するようにしましょう。

まずは誰でも通用するソフト系の言葉責めをしていき、相手の反応を見るようにしましょう。

ソフト系ならばほとんどの相手が興奮するはずなので、興奮しているのが分かったら次第にハード系にしていきます。

ハード系で興奮が高まらなければ、すぐにソフト系に戻してください。

逆にハード系で興奮が高まれば、ハード系でさらに攻めてみましょう。

このようにソフト系を使いつつ、ハード系をときおり出すことで相手がどちらのタイプか見極めてください。

言葉責めしたい時に相手を探す方法

ここまで言葉責めに関することを解説してきましたが、普段のパートナーにいきなり言葉責めしてしまうのはリスクがあります。

言葉責めを試してみたいならば、言葉責めできる相手を見つけて試してみるのが無難でしょう。

実際に言葉責めできる相手を探す方法としては、

・ナンパで知り合う
・アブノーマルなコミュニティで知り合う
・出会い系サイトで知り合う

などが考えられます。

方法①:ナンパで知り合う

街中やクラブで相手をナンパして知り合う方法は非常に有効です。

好みの相手にアタックすることができますし、ナンパに応じてくれる相手はMなことが多いので、言葉責めの相手としては最適です。

エッチにさえ持ち込めば、言葉責めも簡単にできます。

しかし、ナンパはハードルが高いというのがデメリットです。

ほとんどの男性はナンパに抵抗感があり、話しかけることさえできないかもしれません。

ナンパする勇気が必要になります。

方法②:アブノーマルなコミュニティで知り合う

乱交サークルやハプニングバーなど様々な性癖を持っている人が集まるコミュニティでは、言葉責めが好きな人も集まります。

そのため、そのようなコミュニティに参加するだけで、簡単に言葉責めできる相手を見つけることができるでしょう。

ただ、この方法もデメリットがあります。
それは、そのようなコミュニティに参加することが難しいことです。

なぜなら、そのようなコミュニティは実生活とは切り離して活動している人が多く、そういった人は身バレを極端に恐れます。

そのため、コミュニティに参加するまでにコミュニティ内のメンバーと仲良くなる必要があり、時間がかかってしまいます。

また、コミュニティ自体が表に出てくることがなく、探すだけでも困難です。

コミュニティに参加すれば相手を見つけるのは簡単ですが、参加するまでが難しいのです。

方法③:出会い系サイトで知り合う

言葉責めできる相手を探すならば、もっともおすすめできるのが「出会い系サイト」です。

出会い系サイトは様々な目的で出会いを探している人が集まる場所であるため、言葉責めしたい・されたい人も集まっています。

出会い系サイトで掲示板検索やプロフィール検索を利用すれば、そういった目的を持つ人を簡単に探すことが可能。

そういった相手を探す際には、

・調教
・言葉責め
・M
・S
・変態
・SMプレイ
・マゾプレイ
・サドプレイ
・イチャイチャ
・セフレ
・セックスフレンド

など、言葉責めに関連しそうなキーワードで探すようにしましょう。

そして、関連するキーワードでひっかかった相手のプロフィールをよく読み、同じ目的を持っていそうな人に積極的にメッセージを送っていきましょう。

メッセージではいきなり言葉責めのことは話をせずに、まずは自己紹介をして、信頼関係を築いていきます。

そして、ある程度仲良くなったら、次第に性癖や好きなプレイについて尋ねていってください。

その時に「言葉責めに興味があるか?」を聞いて、興味があるならそのまま仲良くなって、言葉責めプレイを楽しみましょう。

ただ、ネットで適当に検索した出会い系サイトは絶対に利用しないようにしてください。

「出会い系 言葉責め」と検索すれば、多くのサイトが出てきますが、ほとんどが詐欺サイトです。

登録したからと言って相手と出会うことはできませんし、運が悪ければ架空請求などのトラブルに巻き込まれることがあります。

一方で、当サイトで紹介しているミントC!JメールやPCMAXなどの大手出会い系サイトではそういったトラブルに巻きこまれる心配はありません。

運営側が問題のある会員を取り締まり、トラブルが起きないように予防しているからです。

仮にトラブルに巻き込まれてしまったとしても、運営側に相談すれば何らかの解決策を教えてくれます。

また、大手出会い系サイトは個人情報漏洩にも気を配っているので、職場や家族に言葉責めできる相手を探していることがバレる心配もありません。

さらに性癖やアブノーマルなプレイに対しての規制もないので、心おきなく相手を探すことができるようになっています。

言葉責め:まとめ

今回は、言葉責めするコツや言葉責めできる相手を探す方法について紹介しました。

言葉責めできる相手は日常生活では見つけることは困難です。

当サイトで紹介している出会い系サイトで、言葉責めできる相手を見つけ、思う存分言葉責めプレイを楽しみましょう。







ミントC!Jメールを試してみる(18禁) >>